高野山真言宗

高野長峰霊場第三番札所

kouyasan shingonsyu

iouji

Instagram facebook

お知らせ

醫王寺略史

海南市から紀美野町を経て高野山に至る国道370号(通称高野西街道)は、古くから高野山への参詣道として親しまれ、今もなお美しい自然と温かい人情に包まれて、仏縁を得る環境にも恵まれたところです。

醫王寺の歴史は、その前身である「大日堂」が現在地の西に半町(約60メートル)の地に高野領の最西端を護る番所(関所)として建立された事に端を発します。

その後、今から300年前の享保六年(1721)、榮鏡(えいきょう)和上により本尊薬師如来(伝弘法大師作)が安置され、寺号を瑠璃光山醫王寺と称するに至りました。やがて街道往来の人々が高野山参りの出発点として身心の安寧を祈願されるようになりました。

令和三年、開創三百年の正当を迎え、本堂落慶並びに境内一円の整備が完成いたしました。落慶に際し、本尊・薬師如来の脇侍として向吉悠睦大仏師作の日光菩薩像、月光菩薩像を新たにお迎えいたしました。

境内のご案内

本堂

手水舎

鎮守かさがみ堂

鐘楼

修行大師

延命地蔵

三鈷の松

境内正面

年間行事

護摩
  • 修正会(初護摩)1月1日 10時
  • 護摩法要祈願祭(節分星祭り)2月11日(建国記念日)10時
  • 春季法会(本尊ご開帳)4月第二日曜日 10時
  • 一休さん体験現在一時中止
  • 万燈供養8月24日 18時頃
  • 本尊薬師如来納め護摩12月23日 9時

月例行事

  • 醫王寺奥之院 安養寺護摩法会毎月不定 10時

    護摩は真言密教最高の祈りです。
    静寂なお堂の中で祈りの時間を共にし、心の向上に努めましょう。
    法話とお茶のお接待があります。

  • 写経教室毎月不定(3、8、9月は休み)
    10時

    般若心経の写経は心に平安をもたらして下さいます。
    参加費無料(用紙代のみ実費)
    道具はお寺で用意します。
    法話あり、イス席あり。
    どなたでも参加できます。

  • 御詠歌教室8日、21日 9時~12時

    御詠歌は仏さまにお供えする歌のことです。
    心静かに御詠歌を唱え、お堂に響く鈴鉦(れいしょう)の音を聞くと心身ともに清々しい気持ちになります。
    初心者の方でも一から習えますのでお気軽にご参加ください。
    まずは体験することも可能です。

御守・朱印・書籍

御守

御守り、
星月菩提樹原実腕輪念珠

境内にてお申し付けください。

著書

弘法大師の贈り物

醫王寺住職 橋本真人 (著)

春秋社 2021年5月7日出版

弘法大師と共に、生きてあることの貴さに目覚め、〈救い〉と〈祈り〉に生きることの清々しさを爽やかに語る、清新な密教法話集。

法話

お盆「手と手を合わせる」

手と手を合わせることを「合掌(がっしょう)」といいます。合掌には、幸せを呼ぶ不思議な力が備(そな)わっています。私は、お盆を通じて小学校四年生の男の子から、改めて合掌のすばらしさを教えていただきました。

彼のお父さんは不慮(ふりょ)の事故で突然旅立っていきました。家族は彼を含め母親と父方の祖母の三人になりました。

四十九日を済ませ、住みなれた田舎町を離れることになりました。母親が新しい仕事に従事し、一家の生計を立てるためです

田舎に残った祖母は、夏休み中の初盆に合わせ彼を帰省させることにしました。

八月十二日の夕食の時のことです。突然、祖母の口から「明日はお盆の仏(ほとけ)迎(むか)えの日で、お父さんが家に帰ってくるよ」と知らされました。彼は子ども心に「明日の朝起きた時、お父さんが家にいる」と思い込んだのです。

もちろん、朝になってもお父さんの姿は見当たりません。さあ、それからが大変です。「おばあちゃんが噓(うそ)をついた」と祖母を責(せ)め立てます。

祖母も困(こま)って苦し紛(まぎ)れに「お寺の住職さんが、お盆にはご先祖様が必ず戻ってくるとおっしゃった。もうすぐ住職さんがお参りになるから聞いてごらん。」

私は何も知らずにお参りにうかがいますと、仏壇の前で彼が神妙(しんみょう)な顔をして座っていました。お勤めが終わりますと開口(かいこう)一番、「お父さんに会わせてほしい」と目にいっぱい涙をためて話すのです。

一瞬返答に困りましたが、私はとっさに「両手を出してごらん。右手はお父さん、左手は君や。仏壇の前でお父さんを思い出して手を合わせてごらん。きっと会えるよ」。

このように話し、次のお参りに向かったのでした。その日、私はよく眠れない一夜を過ごしました。

しばらくして、八月二十四日の地蔵盆で彼の姿を見掛けました。彼はすぐさま私に近づいて来て、ニコニコしながら「お父さんに会えた」と言うのです。

私は「仏壇の中からお父さんが会いに来て下さったの?」と聞くと、首を横に振り「そうじゃない、仏壇の前で手を合わせていると、お父さんが本当に僕の横にいるような気がしただけや」と、笑顔で話してくれました。

この時、私は祈りの根幹は合掌にあることを改めて学ばせていただきました。

体験

写経体験

 写経は仏道修行(しゅぎょう)の一つです。
 その目的は様々で、故人の菩提(ぼだい)を祈るため、願いごとが成就(じょうじゅ)するため、また心身のリフレッシュのためにと思っている方もいらっしゃるでしょう。
 お経(きょう)の一字一字を心をこめて写せば、心身の清々(すがすが)しさと共に書き終えた時の心地よさを味わえます。ぜひお寺でしかできない体験をしてみませんか。初めての方でもお気軽に体験していただけます。

<実習時間>カレンダーからご希望の時間をお申込み下さい。
(当日の場合は電話でお問い合わせ下さい)

<体験料>千円

<道具>お寺でご用意しております。

お申込みはこちら

御詠歌体験

御詠歌教室のお申し込みはお問い合わせ・お申込み もしくは、073-489-3159へお電話にてお問い合わせください。

高野長峰霊場

所在地・交通

所在地

  • 〒640-1103 和歌山県海草郡紀美野町吉野112-1
  • お電話:073-489-3159

交通アクセス

  • 阪和自動車道海南・海南東ICから車で20分(国道370号利用)
  • JR海南駅からバスで30分(大十バス『登山口』バス停下車)
    大十バス『登山口』から徒歩5分

お問い合わせ・お申込み

以下のフォームにご記入の上、お問い合わせください。

  • 必須 お名前

  • 必須 メールアドレス

  •    お電話番号

  • 必須 内容